本文へ移動

スタッフインタビュー

今まさにミナミ防災株式会社というステージで活躍している先輩スタッフの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

火災の予防が使命。安全を創り出す社会的意義の高い仕事です!

【新しい挑戦を続けて成長。人の役に立てることがやりがい】
万一のときに正常に機能するように、消防用設備は定期点検が義務付けられています。最初に私が担当した仕事は、小学校に設置される消火器の点検。先輩に手順を教わりながら本体やホース、レバーなどに損傷がないか、内部の圧力数値は正常なのかを目視で確認しました。ある程度仕事に慣れてくると、「次はこれをやってみようか」と消火栓や火災報知機などの点検にも挑戦。さまざまなメーカーや年式があり、わからないことばかりでしたが、親切な先輩方に何でも質問し、設備の操作や点検手順を覚えていきました。大規模な点検になるとチームを組みますが、最近では「今日はリーダーとして頑張ってみよう」と任されることもあり、少しずつ自信もついてきました。
この仕事の魅力は、自分の手で点検を行うことで、社会に役立つことを実感でき、そのプロセスの中で新しい知識やスキルを身につけられること。さらにチームで一つの現場をやり遂げる達成感を得ながら充実した毎日を送っています。
(2016年入社)
 
【図面作成から施工管理まで、設備関連の幅広いスキルを習得】
消防用設備には火災発生を知らせる火災報知機、火災を迅速に消火する消火器や消火栓、火災現場から避難するための避難はしごや誘導灯など多種多様な設備があります。当社では、工場やオフィスから学校、病院、公共施設などの建物への設備提案から設計、施工、書類申請、定期点検などのアフターサービスを提供しています。
私は主に建設会社の担当者との打ち合わせや設備の図面作成、職人さんの手配や指示、工事の進捗を管理。工事終了後には消防署の職員の立ち合いのもと、消防法の基準をクリアしているのかを確認し、各種書類の申請にも携わります。このように私たちは、消防署と連携して火災を予防する重要な役割を担っています。
特に大規模な建築物は、設置する設備の種類や数量が多いので提案の幅も広く、やりがいを感じます。ある福祉施設では、補助金申請のための写真撮影や書類作成から関わり、建物の構造に合わせて低コストで機能性の高い設備を提案。お客様に採用され、喜んでいただけたときには大きな手ごたえを覚えました。これからは所長としてリーダーシップを発揮すると共に資格取得にも挑戦していきたいですね。
(2011年入社)
募集職種・応募フォームはこちら
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください

ミナミ防災株式会社
〒521-1221
滋賀県東近江市垣見町1330番地
TEL.0748-42-8388
FAX.0748-42-8387


1.消防用設備設計・施工業務
2.消防用設備保守点検・管理業務
3.消防・防災用品販売
4.防犯カメラ工事

建設業許可 消防施設工事業
般-26 第25679号
 

 

 

TOPへ戻る